特定非営利活動法人 ニューマン理論研究・実践・研究会

menu
対話集会

対話集会のご案内

Dialogue meeting

第7回 対話集会 2013年10月27日開催のご案内

概要

日時 平成25年10月27日(日) 10:00~16:15
場所

横浜市立みなと赤十字病院 3階大会議室

〒231-8682
神奈川県横浜市中区新山下3-12-1
横浜市立みなと赤十字病院


googleマップを開く

抄録

対話1

患者と家族、そしてナースの拓かれた関係性の中で違いを生みだす
~療養の場の選択を支援する過程で現れたがん患者・家族のパターン認識を通して~
菅野 ひろみ(神奈川県立がんセンター)
ファシリテーター:宮原 知子(神奈川県立がんセンター)

対話2

入院治療中の血液がん患者と看護師が自分のあり様を認識するプロセス
春日 美紀(信州大学医学部附属病院看護部)
高木 真理 (武蔵野大学看護学部)

対話3

「余命」を告げられがんと共に生きることに苦悩する患者への関わり
~Newman 理論の対話による寄り添いのケアを通して~
池谷 理江(東邦大学医療センター大森病院看護部)
ファシリテーター:諸田 直実(武蔵野大学看護学部)

プログラム

9:30 開場
9:30~10:00 受付
10:00~10:05 開会のあいさつ 研究会趣旨説明
研究会事務局長 清水 裕子 (公立富岡総合病院)
11:05~12:05 対話Ⅱ 提供者:春日 美紀(信州大学医学部附属病院看護部)
ファシリテーター:高木 真理 (武蔵野大学看護学部)
入院治療中の血液がん患者と看護師が自分のあり様を認識するプロセス
12:05~13:00 休憩 (昼食は各自ご持参ください)
13:00~14:00 0 対話Ⅲ 提供者:池谷 理江(東邦大学医療センター大森病院看護部)
「余命」を告げられがんと共に生きることに苦悩する患者への関わり
~Newman 理論の対話による寄り添いのケアを通して~
ファシリテーター:諸田 直実(武蔵野大学看護学部)
14:00~14:15 休憩
14:15~15:15 グループで対話のひととき
15:15~15:45 会長スピーチ 「 ニューマンの健康の理論に導かれた看護実践とは 」
15:45 閉会のあいさつ
15:45~16:15 年次集会

会場までのアクセスについて

〒231-8682
神奈川県横浜市中区新山下3-12-1
横浜市立みなと赤十字病院

東京駅→横浜駅(約30 分)
JR 東海道本線(横浜行)

羽田空港→京急蒲田駅→横浜駅(約30 分)
京急空港線京急本線

新宿駅→横浜駅(約30 分)
湘南新宿ライン(小田原行)

・横浜駅より市営バス 8、26、58、148(急行)系統「みなと赤十字病院入口」下車徒歩3 分
(バスの所要時間:約30 分 急行利用約20 分)

・バスの時刻、周囲の地図など下記HP をご参照ください。
横浜市立みなと赤十字病院HP http://www.yokohama.jrc.or.jp/top/access.html

当日の連絡先

横浜市立みなと赤十字病院
〒231-8682 神奈川県横浜市中区新山下3-12-1
電話045-628-6100(代表)

申し込み方法

下記のフォームよりお申込みください。

お申込みを終了しました

その他

・フォームより、10/10 までにお申し込みください。定員100名になり次第、締め切らせていただきます。
・昨年 10 月以降、ご住所、所属先等の連絡先の変更のある方、また、Email アドレスの変更
のある方は、事務局までご連絡いただけますよう、お願い致します。
・参加費(2,000 円)・年会費(1,000 円)は、当日会場受付でお支払いください。

入会のご案内について

ニューマン理論・研究・実践研究会では、新しい会員を歓迎いたします。
会員の種別といたしましては、正会員一般会員学生会員賛助会員があります。
正会員および賛助会員を希望される方は事務局にご一報ください。
一般会員および学生会員を希望される方は以下の「入会のご案内はこちら」から 必要事項を入力してください。

入会のご案内はこちら
コミュニケーション
勉強

お問い合わせ

勉強
ページ上部へ戻る