特定非営利活動法人 ニューマン理論研究・実践・研究会

menu
対話集会

対話集会のご案内

Dialogue meeting

第6回 対話集会 2012年10月7日開催のご案内

概要

日時 平成24年10月7日(日) 10:00~16:15
場所

横浜市立みなと赤十字病院 3階大会議室

〒231-8682
神奈川県横浜市中区新山下3-12-1
横浜市立みなと赤十字病院


googleマップを開く

抄録

対話1

子どもを亡くした両親の悲嘆体験に寄り添って
~ ケアリング・パートナーシップがもたらした意味 ~
森谷 記代子 (ケアタウン小平訪問看護ステーション)
ファシリテーター:諸田 直実 (武蔵野大学看護学部)

対話2

ターミナル期がん患者と家族とナースとの関わりのプロセスを通してのナースとしての
自己のあり様への気づき
~ M.ニューマンの理論を踏まえての振り返りによる考察 ~
倉持 亜希 (大森赤十字病院看護部)
ファシリテーター:高木 真理 (武蔵野大学看護学部)

対話3

ニューマン理論を通した看護現象の見方
宮原 知子(神奈川県立がんセンター)
ファシリテーター:遠藤 恵美子(武蔵野大学看護学部)、千﨑 美登子(北里大学病院看護部)

プログラム

9:30 開場
9:30~10:00 受付
10:00~10:05 開会のあいさつ 研究会趣旨説明
研究会事務局長 清水 裕子 (公立富岡総合病院)
10:05~11:05 対話Ⅰ 提供者:森谷 記代子 (ケアタウン小平訪問看護ステーション)
ファシリテーター:諸田 直実 (武蔵野大学看護学部)
子どもを亡くした両親の悲嘆体験に寄り添って
~ ケアリング・パートナーシップがもたらした意味 ~
11:05~12:05 対話Ⅱ 提供者:倉持 亜希 (大森赤十字病院看護部)
ファシリテーター:高木 真理 (武蔵野大学看護学部)
ターミナル期がん患者と家族とナースとの関わりのプロセスを通してのナースとしての
自己のあり様への気づき
~ M.ニューマンの理論を踏まえての振り返りによる考察 ~
12:05~13:00 休憩(昼食は各自ご持参ください)
13:00~14:00 対話Ⅲ 提供者:宮原 知子(神奈川県立がんセンター)
ニューマン理論を通した看護現象の見方
ファシリテーター:遠藤 恵美子(武蔵野大学看護学部)、千﨑 美登子(北里大学病院看護部)
14:00~14:15 休憩
14:15~15:15 グループで対話のひととき
15:15~15:45 会長スピーチ 「 ニューマンの健康の理論に導かれた看護実践とは 」
15:45 閉会のあいさつ
15:45~16:15 年次集会

会場までのアクセスについて

〒231-8682
神奈川県横浜市中区新山下3-12-1
横浜市立みなと赤十字病院

東京駅→横浜駅(約30 分)
JR 東海道本線(横浜行)

羽田空港→京急蒲田駅→横浜駅(約30 分)
京急空港線京急本線

新宿駅→横浜駅(約30 分)
湘南新宿ライン(小田原行)

・横浜駅より市営バス 8、26、58、148(急行)系統「みなと赤十字病院入口」下車徒歩3 分
(バスの所要時間:約30 分 急行利用約20 分)

・バスの時刻、周囲の地図など下記HP をご参照ください。
横浜市立みなと赤十字病院HP http://www.yokohama.jrc.or.jp/top/access.html

当日の連絡先

横浜市立みなと赤十字病院
〒231-8682 神奈川県横浜市中区新山下3-12-1
電話045-628-6100(代表)

申し込み方法

下記のフォームよりお申込みください。

お申込みを終了しました

その他

・フォームより、お申し込みください。定員100名になり次第、締め切らせていただきます。
・昨年 10 月以降、ご住所、所属先等の連絡先の変更のある方、また、Email アドレスの変更
のある方は、事務局までご連絡いただけますよう、お願い致します。
・参加費(2,000 円)・年会費(1,000 円)は、当日会場受付でお支払いください。
・対話集会前日の「ニューマンプラクシス学習会」への参加をご希望の方は、フォームよりニューマン理論に 基づいた興味・関心がある研究課題(もしあれば)をご連絡ください。

入会のご案内について

ニューマン理論・研究・実践研究会では、新しい会員を歓迎いたします。
会員の種別といたしましては、正会員一般会員学生会員賛助会員があります。
正会員および賛助会員を希望される方は事務局にご一報ください。
一般会員および学生会員を希望される方は以下の「入会のご案内はこちら」から 必要事項を入力してください。

入会のご案内はこちら
コミュニケーション
勉強

お問い合わせ

勉強
ページ上部へ戻る